「人間・環境学会賞」ならびに「人間・環境学会功労賞」募集のお知らせ

2016年11月15日
人間・環境学会 運営委員会

2016年度の「人間・環境学会賞」ならびに「人間・環境学会功労賞」の募集を下記の要領で行います。会員の皆様には、募集要項および別紙の規程に従い、奮って自薦他薦下さいますようお願いいたします。
なお、2016年度の「人間・環境学会褒賞委員会」の委員ならびに委員長は下記の通りです。

  • 委員長:積田 洋(東京電機大学)
  • 委 員:島田 貴仁(科学警察研究所)
  • 委 員:西名 大作(広島大学)
  • 委 員:平田 乃美(白鴎大学)
  • 委 員:森 傑(北海道大学)
  • 委 員:山本 利和(大阪教育大学)

人間・環境学会賞 募集要項

1.推薦期限
第十四回「人間・環境学会賞」の推薦期限は2017年2月末日(消印有効)とする。

2.選考に必要な資料
推薦は、所定の応募用紙(別紙様式1)を用いて申し込むこと。なお、関連資料があれば同封のこと。また、「人間・環境学会賞」の選考対象となった作品などについて、製作者等に説明資料の提出を別途求めることがある。

3.応募資料等提出先
人間・環境学会事務局とする。 ※提出書類は返却いたしません。

人間・環境学会功労賞 募集要項

1.推薦期限
2017年2月末日(消印有効)とする。

2.選考に必要な資料
推薦は、所定の応募用紙(別紙様式2)を用いて申し込むこと。なお、関連資料があれば同封のこと。

3.応募資料等提出先
人間・環境学会事務局とする。 ※提出書類は返却いたしません。


応募資料提出先(郵便):人間・環境学会事務局(MERA)

  • 大阪大学大学院工学研究科建築工学専攻
  • 建築デザイン学講座建築・都市計画論領域 内
  • 〒565-0871 吹田市山田丘2-1
  • Tel & Fax:06-6879-7641
  • E-mail:mera◆arch.eng.osaka-u.ac.jp(◆を@に置き換えて下さい)

人間・環境学会賞規程

1.目的
「人間・環境学会賞」は、人間・環境学の発展に貢献した優れた研究や人間・環境学に関わる優れた作品・実践活動等を顕彰 し、それを広く世に知らしめることによって、人間・環境学の発展を図ることを目的とする。

2.名称および賞の内容
「人間・環境学会賞」若干名に対し、表彰状ならびに賞牌を授与する。

3.対象
本賞の対象は、原則として今までに表彰されていない研究・作品・実践活動等で、人間・環境学に大きく寄与すると認められ るものとする。なお、上記条件に合致するもので、前回までに選外となったものも対象とすることができ、会員資格の有無は問わない。

4.選考に必要な資料
「人間・環境学会賞」の選考対象となった作品などについて、製作者等に説明資料の提出を求めることがある。

5.登録料
登録料は無料とする。

6.選考
(1)「人間・環境学会賞」候補を選考するために、本会に「人間・環境学会褒賞委員会」を設け、委員会に委員長を置く。
(2)委員長および委員は本学会会長が委嘱し、その任期は1年とする。
(3)「人間・環境学会賞」は、「人間・環境学会褒賞委員会」の委員長の報告に基づき運営委員会が決定する。
(4)「人間・環境学会賞」に該当する研究や作品・実践活動等がない場合は、「該当無し」とすることが出来る。

7.表彰の時期
次年度の年次総会等で行う。

8.褒賞の公表
前項の表彰を行った際には、受賞者の氏名、内容等を直後に発刊 される「人間・環境学会誌」等に掲載し、広く公表する。

9.提出資料の取り扱い
選考に際して提出された資料は返却しない。また、本学会が本事業の趣旨に即した会誌への掲載、図書の出版、または展示な どのために提出書類を用いる場合、受賞者は無償でその使用を認めることとする。

人間・環境学会功労賞規程

1.目的
「人間・環境学会功労賞」は、人間・環境学会の運営・発展に貢献した学会員に対し、その功労をたたえることを目的とす る。

2.名称および賞の内容
「人間・環境学会功労賞」若干名に対し、表彰状ならびに記念品を授与する。

3.対象
人間・環境学会の運営・発展に貢献した会員を対象とする。

4.選考
「人間・環境学会功労賞」候補者の選考は、「人間・環境学会賞」規定第6項 で定められた人間・環境学会褒賞委員会が行い、受賞者は同委員会委員長の報告に基づき、運営委員会が決定する。

5.表彰の時期
次年度の年次総会等で行う。

6.褒賞の公表
前項の表彰を行った際には、受賞者の氏名等を直後に発刊される「人間・環境学会誌」等に掲載し公表する。

7.資料の取り扱い
選考に際して提出された資料は返却しない。また、本学会が本事業の趣旨に即した会誌への掲載、図書の出版、または展示な どのために提出資料を用いる場合、受賞者は無償でその使用を認めることとする。